INNO diary

INNOVATOR JAPAN Official Blog

中国・北京で1ヵ月リモートワークしてみた。

イノベーター・ジャパンのもりです。

このエントリーは イノベーター・ジャパン Advent Calendar 2019 の11日目の記事です。

今年、私にとって一番大きなニュースといえば、中国・北京にて、1ヵ月間、リモートワークをしたことでした。北京にてリモートワークをして気づいたことを今回は共有させていただきます。


<リモートワークする上で気づいたこと>

(1)めちゃくちゃ寂しい

初めて在宅で1ヵ月間ほど会社勤務を行って気づいたのは、「めちゃくちゃ寂しい」ということでした。

たとえば、休みで1ヵ月間いただいて、他人と会話しなくても、そこまで寂しくなるかというと、そこまでじゃないと思うんですが、業務の場合、さびしさを非常に感じてました。

zoomでの打ち合わせが待ち遠しかったり。

この感覚は何故か?ということを分析できていないのですが、いままで感じたことのない不思議な感覚でした。

家は中国にいる家族の家で間借りする形で仕事をしていたので、寂しいのを我慢するため、猫を抱っこしながら仕事してました(笑)

 

f:id:s-moriuchi:20191210193412p:plain

頻繁に仕事の邪魔をしてきた猫さん



(2)VPNサービスは必須

ご存知の通り中国では特定のサイトがアクセスできません。

グーグル関連、フェイスブックツイッターなどなど。

とくにグーグル関連のツールが利用できないのは辛いので、いくつかVPNサービスのアカウントを用意していきました。

その中で良かったVPNサービスとして、「expressVPN」(https://www.expressvpn.com/jp)。今回、非常に活躍してくれました。

 ネットの速度など、日本でいる時と変わらず、遜色なく業務を進行することができました。リモートワーク当初、ネットがつながらなくなったらどうしよう~と心配していたので、ここの部分が解決できたのは非常によかった。

(3)国内での在宅勤務と変わらない・・ような気がする 

人と対面で打ち合わせができない部分を除いては、国内での在宅勤務と変わらない感じでした。

仕事をする部分で気をつけていたのは、時差の部分。

日本と北京の時差は1時間程度ですが、会議の開始時間など遅れないように、パソコンの時計や、腕時計は、日本時間にあわせていました。

あと、スラックのチャンネルで何をやっているか、分報まではいかないものの、情報共有は密にすることをこころがけてました。

<北京で生活する上で気づいたこと>

中国で生活した時に気づいたことをメモしていたので共有します。

主にご飯の事が多め。個人的な感想なので事実と異なる事も多々あるかと思います。

(ご飯) 

・ご飯は鴨、餅、野菜が美味しい。日本よりこれは好きかもしれない。地域によって料理の特色が違う。ざっくりで表現すると、北はこってり、南はあっさり。
・お酒は白酒が中心。中国人の酒強い人はこれが好き。老酒は飲みやすい。紹興酒は中国だとマイナー。中国の国産ビールはバドワイザー的な薄い感じの味。私は飲みやすくて好き。
・チャーハンは家庭で食べる料理。レストランで食べる料理ではない(メニューとして置いている)。日本で食べたほうが美味しいと思う。
・焼餃子よりも水餃子が主流。焼餃子は家庭で作りすぎた水餃子を焼いて食べるものららしい。
・中国産の納豆は意外にうまかった。日本製のも売っているが高い。一つ300円ぐらい。
・レストランでは頼みすぎたご飯のお持ち帰りができる。 

(その他)

・中国はとにかくすごーーーく広い。車で100キロ移動は普通。
世界遺産は人間多すぎ。渋滞しすぎ。人の多さがどれも東京ディズニーランド級。
・輸入品は関税があるのでとにかく高い。日本製は中国では三倍程度の値段で売られている。
・街になると人間が多すぎるので、他人の事を一切気にしなくなる。
・マスクの色は黒が主流。白はレア。

 <まとめ>

総じて中国でのリモートワークは楽しかったのですが、日本での帰国が待ち遠しかったです。海外という事で、日本でいるよりも緊張感みたいなものがありました。

あと、食べ物の部分で、日本でしか食べる事ができないとモノがいくつかあり。

ずっと、寿司とカツカレーが食べたいなぁと思いながら過ごしてました。 

 

 

明日の イノベーター・ジャパン Advent Calendar 2019 担当はykkozwさんです。お楽しみに♫