INNO diary

INNOVATOR JAPAN Official Blog

良いものは尊重しながら変えていきたい ー イノベーター・ジャパン新入社員 池田光國さん 

こんにちは!インターン生の道順さくらです。

 

 先日イノベーター・ジャパンに新しく

池田光國(いけだ みつくに)さんが入社しました!

主にインフラとネットワークを担当します。

 

 

ということで、いつも笑顔が爽やかな池田さんにお話を伺いました!

 

f:id:wavygirl:20181227122514j:plain

 

 

情報管理の重要さ 

  -- イノベーター・ジャパンに入社する前は何をされてたんですか?

 

池田さん:M&A(企業売買)仲介会社の情報システム部で働いていました。具体的には「ファックスが動かない」などの細々とした問題を解決したり、「コールセンター」のシステム立ち上げなど、セキュリティー対策をしていました。

実はその会社は、元々リユース(ウェブ上での買取・販売の循環)の会社だったのですが、私がいるときに一部門が派生し、M&A仲介会社として独立し、私はM&A仲介業者側で働くことになりました。自分達だけではなく、お客さん自身にも致命的な損害になり得る情報を扱うので、元のリユース会社より高度なセキュリティーポリシーを求められ、新しいことに挑戦する大変さはありましたが、とても勉強になり、自分自身成長できたと思います。

 

 

周りの人を大切にしながら働きたい 

-- なぜイノベーター・ジャパンに入社しようと思ったんですか?

 

池田さん:先輩方がやってきたことや、作り上げてきたシステムって、とてもいいものだと思うんです。ですが世の中的に往々にして特にシステムにありがちなことですが、
「前の人が作ったものはダメだ。自分ならもっと良いものが作れる」と他者にアピールしがちで、それはちょっと違う、と感じていました。システム改善はお金も掛かるし、無駄にやりすぎても何も残らないことが大半でした。

ですが改善は必要な事です。元々の良いものは生かし、それを尊重しながら変化を加えるということをしっかりやれる環境に居たいと思うようになりました。そこでイノベーター・ジャパンを見つけました。

 

 

 

f:id:wavygirl:20181227162615j:plain



 

ある意味で個人主義

-- 入ってみてどう感じましたか?

 

池田さん:前職の環境とは全然違います。前職はどちらかというと体育会系で、目標が降りてくる事が多かったのですが、イノベーター・ジャパンではもっと個人で、自分から目標を決め仕事をこなすという感じで、自由な雰囲気はとても居心地がいいです。

ですが、同じチームや分野の人たちで、もっと長い先のことを考えながら、一つの目標を建てることも大切ではないかと思います。目の前の事からこなしていくのも大切ですが、しっかり根本的なものを変えるには「計画」が必要になってくると思います。

 

池田さん:現在は、ネットワークシステムなどの現状把握をして、改善の計画をしています。「スピード」を重視すると「セキュリティー」が甘くなってしまって、それを一番効率よくするには何を使うか、どこから制御をするか、どこが管理するか、どのように繋ぐか、考え直すところはたくさんあります。やはり、ここでも元々のシステムのいい面をしっかり尊重しながら進めていきたいです。

 

 

わからないものでも一度手をつけてみる!

-- これからどんなことに挑戦していきたいですか? 

 

池田さん:前職でよかったところは、色々な挑戦ができたことです。

機器設定を外注で業者さんにお願いしようと思っていたのですが、自分たちでやることになり、やってみると案外簡単にできてしまった。もし外注していたら莫大な費用がかかったと思います。しかもそこから新しいスキルを習得でき、その後のビジネスでも生かすことができました。

なので、イノベーター・ジャパンでもそのようにわからない事、やったことのない事も積極的に挑戦していきたいです。情報システムではそのように、業者に任せてしまいがちなので、どこまで自分たちでやっていくかしっかり考えていきたいです。

 

そしてもう一つ、本当に大変ですが、「プログラミングの自動化」をできればと思っています。時間の節約になり、管理システムの向上にも繋がります。とても重い課題になりますが、頑張って挑戦したいです! 

 

f:id:wavygirl:20181227161237j:plain

 


池田さん、ありがとうございました!

これからもよろしくお願いします!!