INNO diary

INNOVATOR JAPAN Official Blog

自分の夢に向けて常に学んでいきたい--イノベーター・ジャパンでのインターン

 


こんにちは!インターン生の道順さくらです。

私たちがブログを始めたということで、まずみなさんに私たちのことを知ってもらえるように、インターン生同士でインタビューをしました!

今回は私から、高橋空くんについてまとめました!

お互いをよく知らなかったので、楽しみながら書かせていただきました!

 

 

f:id:wavygirl:20181004150554j:plain

 

--まずは自己紹介をお願いします!

 

上智大学経済学部経済学科1年の高橋空です。 

僕が経済学部を選んだのは、高校の時「ホームレス支援」をしていて、日本の生活保護が成り立ってないと感じ、「ベーシックインカム」などこれからの社会保障政策について学びたいと思ったからです。ですが今、一年生の授業はまだまだ基礎レベルで少し物足りないので、普段から色々なところでインターンをしたり、新橋のバルで働いたり、ドラムを長い間やっていて、高校ではジャズ、今はバンド活動(インスタでthe tempsと検索してフォローしてください!)をしていて、弾き語りや月一で路上ライブをなどを行っています!

この間はイノベーター・ジャパンの先輩に弾き語り中ばったり会ってびっくりしました。笑

そのほかにも友達と3人でWebサービスを製作中で、自分から色々なものを取り込もうと心がけています!

 

新しい学び。企業の中でもっと学びたい!

-なぜ「インターン」をしようと思ったのか

 

高校の時は飲食業など色々なバイトをしていました。

最初は楽しいけど、やはり単純作業になってくるし疲れる...。

同じ時間内で何かやるなら、もっと主体的に働けて、常に新しい学びがある事をしたかったです!

そして現在の大学の授業も少しつまらない。まだ1年だということもあり、本格的な経済学というより基礎的な授業が多く、進行もゆっくりなので、実際の仕事で学んでいかなきゃと感じました。

みんな就活・就職などを考えてインターンを始めますが、僕の場合は特にそうゆう考えではなく、「新しい事をやりたい!」という思いが強かったと思います。

 

CEO渡辺さんの考えが面白かった...!

-なんでイノベーター・ジャパン??

 

まず、将来のこともありウェブに関わる会社に入りたくて、ひたすら業界の企業に応募をしました。そして自分が主体になって働けるところを見つけたかったです。

でも、なかなか授業日数と勤務日数が合わなくて...。

そして最後がイノベーター・ジャパンでした。笑 これが落ちたら後がないと思いました。

面接時、CEO渡辺さんと話をさせて頂きましたが、ずっと本質的なところを捉えていて面白くて、しかもスケジュールも対応してくれるとの事でした。本当に嬉しかったです。あと、「有給インターン」なのは学生に優しいです!笑



心地よい環境。

-実際に入って、どう感じましたか?

 

本当に自由です。打ち合わせにも参加させてもらえるし、自分の意見も言える環境です。

フレキシブルに、自分に合ったスケジュールを立てられるし、子育て中の女性が働くオフィスもあって、個人の生活を尊重していると会社だと思いました。

その他にも髪型・服装は自由だし、音楽がいつも大きめにかかっていて、心地よいオフィスです!!!

ですが本当はもっといろんな仕事に関わりたいです。今は主にこのブログなど広報に関わることだけで、あまり他の分野の先輩とお話をする機会がないです。いろんな人と分野に関わり、やったことのない仕事にチャレンジしていきたいです!



毎日新しい発見がある!

-実際にイノベーター・ジャパンで学んだことはありますか?

 

そもそも、企業における仕事の流れや、開発の役割分担などが新しい学びでした。「会社」というもの自体が初めてで。普段の業務からは、SNSインサイトの見方や、コンテンツマーケティングブランディングについてなどを多く学べています。また、週1でクリエイティブチームの知見共有の場があるので、そこでも新しい発見がたくさんあります。イノベーター・ジャパンにはインド人の社員もいるので、英語での打ち合わせが経験できることも貴重だなと思いました!



「便利屋」。どんな分野にも対応できるようになりたい。

-将来何をしていきたいですか?

 

短期的なことは、いつもその時やりたいと思ったことをやっています。

最終的には「便利屋」になりたいです。笑 どんな分野でも対応する便利屋です。

「ウェブ系」、親がデザイナーなのもあって「デザイン」など、これからイノベーター・ジャパンでも色々な事を吸収していきたいです。

自分が大企業の歯車の一部になるのは向いてないと思うので、ベンチャー企業フリーランスなど主体的に働ける環境に居たいです。 

 

 

【インタビューを終えて】

空君ありがとうございました!話せば話すほど「バンド」「Webサービス」など、取り組んでいることがどんどん出て来て、モチベーションを本当に高く持っているんだな、と感じました。私も見習うべきです!笑 業務、話し合いの時でも、悪いものはしっかり「ダメ!」と言ってくれます。イノベーター・ジャパンのような企業では、私たちの世代から正直な意見を述べることは重要だと思います。ですがやはり怖い部分もあり、しっかり伝えようとする空くんにいつも感動しています。これからもよろしくお願いします!