ウェブとすっぽん

INNOVATOR JAPAN Director's Blog

表参道と大濠公園ではたらくマーケティングチームの仕様書となります、ご査収ください。

Jekyllってなあに?ブログを作成する上のメリットを簡単にまとめてみました。 #jekyll #個人ブログ

f:id:yamagishibaster:20160721094705p:plain

こんにちは、山岸です。

web業界って個人でブログを書かれている方が多いですよね? ブログを書くことは日々のアウトプットにもなりますし、自分のセルフブランディングにもつながります。

会社ブログとは別に個人でもブログを書こうと思いましたが、できれば記事を書くだけではなく実際にサイトをデザインしてコーディングすることでweb制作のことも勉強したいと思い今回は自分でブログの箱から作ろうと決めました。

ブログの作成ならWordPressが一般的と思ったのですが、いろいろ調べて知ったのがJekyllです。 今回はそのJekyllがどのような技術かと、ブログを作る上でWordPressと比べて何が優れているかを簡単にまとめました。

Jekyllってなあに?

引用元:Jekyll • シンプルで、ブログのような、静的サイト

Jekyll はシンプルな、ブログを意識した静的サイトジェネレータです。 それは様々なフォーマットの生テキストファイルを含むテンプレートディレクトリをとり、 Markdown (または Textile) や Liquid コンバータを通して実行し、あなたの好みの Web サーバとサービス提供に適した、 完全かつすぐに公開できる静的 Web サイトを吐き出します。 Jekyll は GitHub Pages の背後で動いているエンジンでもあります。このことは、 プロジェクトのページ、ブログまたは Web サイトをGitHub のサーバから無料でホストするために Jekyll を使用できることを意味します。

GitHubのco-founderの方が開発した静的サイトジェネレーター

Jekyllはビルドによって静的ページを生成するので保管・管理が楽です。 個人のブログですと、記事以外に載せるコンテンツが限れられてくるので動的である必要性は低いです。

始めはJekyllで更新し、後づけで記事以外に他の要素を足したいのであればその時に検討すれば十分だと思いました。

Markdown形式で記事の作成ができる

プライベートで記事を書くのは楽しいですけど、なかなか内容を考えるだけでも難しい時が多々あります。 記事の内容 + HTML構造までを考えるとなかなか手が進まず、 日常的にブログを書くハードルさげる意味でもMarkdown形式はとても魅力的です。

メンテナンスが楽

WordPressPHPベースのCMSなので、セキュリティのアップデートやプラグインの動作に問題がでた時にPHPの知識がないとそこで労力を使わないといけないです。 Jekyllの場合、サーバーに置くのはすべて静的ファイルなのでそこまで悩まされないはずです。

まとめ

以上が僕がJekyllを調べて魅力的に感じたところです。

CMSは様々な機能を設定できますが、機能設定や運用での作業コストが高くプライベートでうまく利用し続けるのはハードルが高いです。

このブログを更新しているはてなブログのようなサービスもありますが、更新が楽で安全な分デザインの変更が特定の管理画面からしかできないというような制限が多いです。

JekyllはCMSとブログサービスの中間に位置する技術であり、自分の個性を出したいけどそこにフルコミットする時間を捻出するのは難しい人に最適ではないかと思います。

次回は、実際にJekyllがどんな形で動いているのかを紹介します。