読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブとすっぽん

INNOVATOR JAPAN Director's Blog

表参道と大濠公園ではたらくマーケティングチームの仕様書となります、ご査収ください。

プレスリリースを配信するための4ステップ〜ビットコインで割り勘ができる「warikan」のケース

ビットコインで割り勘ができるツール、「warikan」のβ版がリリースされました。

めでたい! 

warikan.de

「warikan」はイノベーター・ジャパンで開発したサービスで、私も今月からチームにJoinし、数値を分析したり施策を考えたりしています。

 

β版リリースにあたり、できれば多くの人に「warikan」を認知してもらいたい。そして使ってみてほしい、ということでプレスリリースを作成・配信しました。

 

そこで、今回はプレスリリース配信するためにやったこと、気をつけたことをまとめます。

 

f:id:butamissa0:20170216101529p:plain

 

1、プレスリリースを作成する

まず基本の「き」。配信するためのプレスリリースの作成です。

 

自分も普段メディアのディレクションに関わっているため、日々色々なプレスリリースを受け取っています。そのうちメディアで掲載するか検討するにあたり、

  • メディアのジャンルにマッチしているか
  • タイトルで気になるワードが入っているか
  • 使用している画像の質

あたりをまずチェックしています。

 

ここをクリアしていないと、そもそもプレスリリースを読んでもらうことが難しいです。

 

「warikan」のプレスリリースは担当の方におまかせしていましたが、できあがった原稿で上記部分は自分もチェックしました。

2、プレスリリース配信サービスを探して配信

プレスリリース配信サービスには有料のサービス、無料のサービスがあります。

 

有料サービスではプレスリリースのサイトでの掲載が保証されていることや、プレスリリースを配信する提携メディア数が多いメリットがあります。一方無料サービスは、出稿コストがかからないことが一番のメリットですね。

 

f:id:butamissa0:20170215200918p:plain 

プレスリリース配信サービス(一例)

 

今回は有料サービスではPRTimesを、また無料サービスの中からいくつかピックアップして配信することにしました。 有料サービスでPRTimesを選んだ理由は、外部メディアにもプレスリリースを掲載できるからです。

 

■THE BRIDGEがPR TIMESと提携、サイト内でのプレスリリース配信を開始

THE BRIDGEがPR TIMESと提携、サイト内でのプレスリリース配信を開始 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

3、メディアのプレスリリース配信先情報を探して送付

プレスリリース配信サービスを利用しても、編集者やライターの目に止まらなければ記事になることはありません。というわけでメディアにも直接リリース情報を送りました。

 

f:id:butamissa0:20170215200945p:plain

リリースを送付したリスト

 

「warikan」がビットコインを使ったサービスなので、テック系のメディアとの相性がよさそう、ということでメディアをピックアップ。サイトにアクセスし、「情報提供」や「プレスリリース」という単語を必死で探します。

 

すごく地道で時間のかかる作業ですが、記事化されれば反響は大きいです。

4、ビットコイン系のブログを運用しているところを探して送付

で、実はここがプレスリリースを届けたい本命でした。

 

「warikan」はビットコインを使って割り勘をするサービスなので、まずビットコインを持っている人にリーチしなくてはいけません。しかしビットコインはまだ日常的に利用するにはハードルの高い仮想通貨です。となると、ビットコインフィンテック(fintech)の情報を発信している場所で告知することが一番反響が大きいはず。

 

というわけで、またもやポチポチ調べてリストアップしプレスリリースを送付しました。

 

f:id:butamissa0:20170215201144p:plain

ビットコイン系のブログ 

プレスリリースを配信してみて

事前準備で時間はかかりましたが、プレスリリースの配信が始まればサイトへのアクセスも増え、登録者も順調に伸び始めました。

 

編集者やライターは、日々プレスリリースをたくさん受信しています。その中でも新しい情報や、話題になっているニュース、記事として反響が大きくなるネタを探ており、またリリースを掲載するかしないかの判断も早いです。

 

そのような状況下で、「どうすれば目に止めてもらえるか」「記事化してもらうためには」を考えながら施策を考えるのも面白いですね。

 

「warikan」がメディアや個人ブログで記事になることや、取材依頼が来ないかなーと期待をしていますが、果たしてどうなるか??

 

◯「warikan」のプレスリリース(PDF) ダウンロードURL

https://innovator-japan.tenpu.me/download/jomgw9b34pyccb2oum2fy9uk1hh622dz

 

【関連記事】ビットコインで割り勘をしたお話 

suppon.innovator.jp.net