読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブとすっぽん

INNOVATOR JAPAN Director's Blog

表参道と大濠公園ではたらくマーケティングチームの仕様書となります、ご査収ください。

ビットコインで割り勘をしたお話

こんにちは。デザイナーの9ookyです。
先日、INNOVATOR JAPANではwarikanという、ビットコインで割り勘ができるサービスをリリースしました。

今回は、そのwarikanの紹介も兼ねて、実際にビットコインでコーヒー代を割り勘した話をしたいと思います。

 

そもそも、なぜビットコインで割り勘を?

飲み会や、プレゼントなど、大勢で割り勘をする機会はたくさんありますよね。
しかし現金での割り勘は、なかなか煩雑になりがちです。

例えば、割った後のお金が細ければ、支払いが面倒ですし、
離れた相手とは割り勘することができません。

これは、今までの割り勘は「現金」のやりとりで行われるものだったからです。
では「現金」でなく仮想通貨である「ビットコイン」ではどうでしょうか。
ビットコイン」であればオンライン上でのやりとりが可能なので、割った後のお金が細かくても問題ありませんし、離れた相手とも割り勘することができます。
今まで煩雑だった割り勘をよりスマートに行うことができます。

そんなワケで「ビットコイン」で割り勘ができるwarikanが登場しました。

また、ビットコインは普及しつつはあるものの、使える機会は多くありませんので、使う機会を増やす意味でも、warikanがよいきっかけになればと思っています。

warikanで割り勘したよ

では、実際にwarikanで割り勘をしてみましょう!

今回はオフィスで飲むコーヒー代(3,092円)をwarikanしました。
これからwarikanをする一連の流れをご紹介します。

ログインしよう

まずは、warikanにログインor新規登録します。

イベントを作成しよう

ログインしたら、「新規イベント作成」ボタンを押しましょう。
ここから、warikanすることができます。

「タイトル」「総額」「メンバー」「メッセージ(任意)」を入力し「Let's warikan」ボタンを押します。

warikan相手に支払ってもらおう

「Let's warikan」ボタンを押すと、warikanイベントが作成され、各メンバーの支払い状況を確認することができます。

warikanイベントが作成されると、warikan相手に、支払いをお願いする旨のメールが送られます。
メールには、「送金先ビットコインアドレス」と「お支払い金額」と「支払い用QRコード」が記載されています。

warikan相手に、ビットコインウォレットを開いて、「支払い用QRコード」を読み込んでもらうか、「送金先ビットコインアドレス」と「お支払い金額」を入力し、送金してもらってください。

支払いをお願いしよう

さて、ほとんど集金できましたが、一人だけ支払が遅れてる人がいます。
こんな時は、支払いをお願いすることができます。
「未払い」の人の横に、「支払い依頼」ボタンがあるので、ここを押します。

すると、未払いの人に任意のメッセージを添えて支払いをお願いする旨のメールを送ることができます。

さて、これで全員分の支払いが済みましたね。

全員分の支払が済むと、メンバーから集めたビットコインを受け取ることができます。早速受け取ってみましょう。
イベント一覧横の「受け取る」ボタンを押します。

f:id:qooky:20161025140449j:plain

受け取り先ビットコインアドレスの欄に、自分のビットコインウォレットの受け取り用アドレスを入力し、「実行」ボタンを押します。

下のような画面が表示されたら、OKです。
以下の画面が表示されてから自分のウォレットに着金するには、30分ほど時間がかかります。

このようにwarikanでは、すべてオンライン上で割り勘することができます。

さいごに

早足で、warikanの使い方を説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?
ビットコインを持っている方も、持っていない方も、ちょっとでもwarikanひいてはビットコインに興味を持っていただけたら幸いです^^

実際、私はビットコインを使ったのは今回が初めてでした。
オンライン上での日本円意外のお金のやりとりは、恐い反面、初めての為か、感動してしまいました・・・!

最近ではビットコインを使えるサービスも増えてきています。
この機会に、皆さんもビットコイン、そしてwarikanを始めてみませんか?