ウェブとすっぽん

INNOVATOR JAPAN Director's Blog

表参道と大濠公園ではたらくマーケティングチームの仕様書となります、ご査収ください。

日記は目標達成の近道!? 〜日記のメリット〜

はじめまして、スイーツが大好きなPentaです。

今回は日記についてお話します。

実は日記についてお話するといっても、日記を書き始めたのは1ヶ月ほど前です。

なので1ヶ月で感じたことをまとめてみました。

なぜ日記を書こうと思ったのか

日記を書こうとおもった目的は1つです。

それは1日を無駄にしないためです。

何を書いているのか

  • 目標

  • 今日やるべきこと

  • 1日で気づいたことや感じたこと

  • 今日の点数

4つの項目について書いています。

「今日の点数」はCreative Confidence(邦題:クリエイティブ・マインドセット)に書かれたものを参考にしています。

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法

この本によると、1日に10段階評価で点数をつけることで、自分が点数の高い日と低い日を比較でき、 高い日はどういう行動がよかったのか、低い日はどんな行動がよくなかったを分析することで、 自らの行動を改善することだできます。 これはオススメです。

Creative Confidenceに非常に参考になることが書いてあったので、引用すると

自分自身に関して新しい気づきを得るのに、難しいことをする必要はない。 毎日、「最高の気分だったのはいつだろう?」「仕事にもっともやりがいを感じたのは?」と自問する時間を設けよう。 そうすれば、仕事を豊かにする役割や増やすきっかけになるし、 最高の喜びや充実感が得られる物事がわかるはずだ。 (引用 Tom Kelley&David Kelley “Creative Confidence” P229~230)

なぜ日記を選んだのか

日頃のログを残すには日記の他にブログやSNSなどいくつかの方法があります。 今回ブログを選んだのは、私が飽きっぽいからです。 過去にブログを書こうとしたことはありました。 しかしちゃんとしたことを書かなければと思い、 ついつい後回しにしがちになり更新がおろそかになってしまいました。

今回はまず継続させ習慣づけるために、気軽に思ったことをかける日記を選びました。 SNSも振り返るのに向いてないなと思ったので候補から除外

何に日記をつけているのか

手帳(日記用などではなく方眼だけの手帳です)に手書きで書いています。 最初はiOS版Day one 2に書いていたのですが、PC版が高くてこのサービスは断念しました。(PCでも書きたかった。。) 他のサービスも検討したのですが、 結局付箋をはったりできるので、暫定で手帳にしてます。

PCでもモバイルでも書けるシンプルな、日記サービスがあれば教えてください。Evernoteでもいいのかなー

実際効果は?

日記を書く前と書いている場合で感じる違いは3点あります。

目標を立てているものが多く(これも少々問題)、意識的追わないと確実に忘れて、達成できません。 なので、毎日確認することにより目標達成のための行動を起こせます

また振り返ることでもっとこうすればよかったとか、次はこうしようとか 次回以降の反省に繋がります。 ちなみにこの反省もなにかにログをとって置かないと忘れることがある。(同じ失敗をするので大問題!) そういう意味では日記は最適です。

あとは書いている時間が、わりと自分の考えを整理できる時間になっているように感じます。

最後に

まだ1ヶ月しか続けていないですが、続けていけばそれは自分の財産になるんだろうなと思っています。 今後は日記を書く習慣がつけば、ブログなどに引越しして情報発信していこうと思います。

最後に日記はこんな人にオススメです。 ・目標を忘れがちな人ただなんとく1日を過ごしている人

まずは簡単なログでもいいので1日を見返す習慣をつけると、より有効に時間を使えるようになると思います。